労働保険 

労働保険とは労災保険(労働者災害補償保険)と雇用保険の総称で、従業員を一人以上雇用している経営者は法律により、労働保険への加入を義務づけられています。BA東京では、労働保険事務組合を設立し、ご希望のサロンに対してご活用いただいております。

●労働保険とは
・労災保険:仕事や通勤の際に起きた「ケガ」「病気」に対する補償給付
・雇用保険:失業した場合、失業中の生活のための失業給付

自分以外に1名でも雇用しているサロンが、自ら労働保険事務を行う場合、下記の事項を自ら行わなくてはいけません。
(1)概算保険料、確定保険料などの申告及び納付に関する事務【東京労働局へ】
(2)保険関係成立届、任意加入の申請、雇用保険の事務所設置届の提出【管轄のハローワークへ】
(3)労災保険の特別加入の申請等に関する事務【労働基準監督署】
(4)雇用保険の被保険者に関する届出等の事務【管轄のハローワークへ】
(5)その他労働保険についての申請、届出、報告等に関する事務【東京労働局など然るべき窓口へ】

BA東京では、皆様の事務を軽減するため、労働保険業務を安価な手数料で行っております。
驚きの手数料については下記をご参照ください。

常用労働者数 手数料年額(税込) 1人単価(月額にすると)
1人 7,560円 630円
2人~4人 15,120円 253円~630円
5人~9人 22,680円 210円~378円
10人~14人 30,240円 180円~252円
15人~20人 37,800円 157円~210円
20人以上から1人増すごとに加算 1,080円 90円

 

月額最高でも630円の手数料です。

事業主が技術者で、事業主自らが手続きに出向く場合、この事務仕事のため、お客さまの予約を入れられなくなります。わずか月額630円の手数料で、その日の売上に大きく影響することも考えられます。ぜひご活用ください。